めだかについて【歴史編】

メダカは、日本でいちばん小さな淡水魚です。

めだかを漢字で書くと、「目高」となります。
これは、目が体の高い位置にあることを意味しています。
実際にめだかの目は視力がよく、水面近くで流れてくるえさを見張っています。
口は、水面に浮いたえさを食べやすいように上向きについています。
顔を横から見ると、目の位置や水面のものを食べやすい形になった口など水中で暮らしやすい様々な特徴を持っています。

学名を【Oryzias latipes(オリジアス ラティペス)】【和名 ニホンメダカ】といいます。
latipes はラテン語で latus (幅広い) pes (足)という意味です。
メダカ属をしめすOryzias は、イネの学名 Oryza sativa に由来します。「イネのまわりにいる」という意味です。

では、めだかの歴史についてお話ししましょう。
16世紀、室町中期に中国から突然変異の赤いフナ(金魚)が流入しました。
しかし、富豪や大名などの一部の特権階級の高価な贅沢品であった為、庶民には手の届かない存在でした。

めだかはというと18世紀の文献上に登場し、この頃からメダカ観賞が始まっていったといわれています。
鈴木春信の錦絵「めだかすくい」(1767-68年頃)には、水面を網ですくっている二人の少女が描かれています。
愛好家らによって野生メダカの他、突然変異種である緋メダカ、白メダカ、ブチメダカなどが飼育されていたようですが同時期、ライバル・金魚が日本で養殖され、庶民の間にも広がりをみせます。
19世紀にはめだかより派手な金魚の方が人気となったため観賞めだかの人気は衰えていきました。

観賞魚としての人気はいまいちでしたが、この時期めだかは学問の分野で大きく価値づけられました。
1823年、ドイツの博物学者シーボルトが生物学的にニホンメダカを発見し、世界に初めて紹介したのです。

以降、めだかは生物学や遺伝子学などの分野でも不可欠な存在となりました。
しかし、めだかの人気は無く大型魚のエサとしてヒメダカだけは広く流通していきました。

さらに20世紀初旬には熱帯魚が日本に入ってくるようになりました。
当時は、金魚と同じように大変高価な魚であった為一般にあまり普及しませんでしたが、輸入量の増加と共に一般に広く普及していきます。

めだかは昔から身近な田んぼや小川、池などで普通に見られ、日本人にもっとも親しまれている魚でした。
しかし、身近な存在であったばかりに、宅地造成や農業改革など人間活動の影響を強く受けて生息数が激減し、1998年「絶滅危惧種第Ⅱ類」(絶滅の危険が増大している種)に指定されました。

「絶滅危惧種第Ⅱ類」とは「現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続き作用する場合、近い将来、絶滅危惧I類に移行することが確実と考えられるもの」と定義されています。
つまり、まだなんとか野生に生息しているけど、このままの状態を続ければ近い将来確実に絶滅する、ということです。

21世紀を迎える頃になると再びメダカを飼育する人が増えてきました。
ダルマメダカやヒカリメダカなどが新種めだがが登場したからです。
また、皮肉なもので「絶滅危惧種第Ⅱ類」に指定されたことで、めだかに対する一般の人々の関心が高まったことも要因です。
もとから地域にいた野生のめだかを大事にする活動も各地で盛んになってきています。

そしてめだかの人気は徐々にあがり始め、めだかの長い歴史の中で一番のめだかブームを迎えています。

18世紀から愛好家によって野生めだかや突然変異種である緋めだかが飼育、観賞されるようになりました。
19世紀にはめだかより派手な金魚の方が人気となり、めだかの人気は衰えていきました。
20世紀には大型の熱帯魚の餌として緋めだかが広く流通するようになります。
1998年に「絶滅危惧種第Ⅱ類」に指定されたのをきっかけに再び注目を集め、新種メダカの登場と共に現在、長い歴史の中で一番のめだかブームがきています。